ノンシリコンシャンプーについて

musa

03-6416-8763

〒151-0064 東京都渋谷区上原2-47-16 J'sビル上原2F

営業時間 10:00~20:00 / 土日祝~18:00
毎週月曜、第1・3火曜 定休

lv

ノンシリコンシャンプーについて

staff blog

2017/05/11 ノンシリコンシャンプーについて

こんにちは😄

今日はノンシリコンシャンプーについて書きたいと思います。

 

昨今ノンシリコンシャンプーという言葉をかなり耳にしますが、そもそもシリコンはそんなに悪者なんでしょうか?

 

シリコンが毛穴に詰まってハゲてしまう、肌にも良くないなど悪い情報が先走っているような気もします。

そもそもサロンで売っているシャンプーにはシリコンは入っておりません。

トリートメントには入っております。

 

じゃシリコンてなんなの?

シリコンの主成分は石なんです。「珪石」という石で誰でも目にした事のある石なんです。

それは色々なものに入っていて、身近なものだとトイレットペーパーや柔軟剤、コンタクトレンズに入っているのです。医学では人工心肺膜というのに使われているそうです。

 

シリコンは熱に強い、摩擦を軽くする、アレルギーの人が少ないというスペックがあります。

 

ということは、シリコンは耐熱性や摩擦の軽減、手触りを良くする目的があります。

ドライヤー、コテ、アイロンなどを使用される方には必要な内容かとは思います。

 

ノンシリコンシャンプー、ノンシリコントリートメントの効果

本当にシリコンの目的の耐熱性、摩擦軽減、手触りを無くしたとして

地肌に優しい、髪に優しいというイメージでいったとしそのまま仕上がったら、髪の毛バシバシです。

 

いかがですか?

シリコンは思っているほど悪ではない気がします。

 

しかし!市販のシャンプーはコスパを重視していますので主成分は粗悪なもの、例えば主成分は石油でできているものが多いです。それをカバーするのに必要以上にシリコンがたくさん入っているケースがあるようです。

 

最初に戻りますが、サロンで売っているシャンプーにはシリコンが入っておりません。

トリートメントには入っております。

 

ノンシリコンや髪の毛の傷み、パサつきが気になる方は、サロンのシャンプーで毎日洗うことで劇的に変わります!!

少々熱くなってしまいましたが、口頭でお伝えすると押し売りみたいになってしまうので、ブログにアウトプットいたしました😄

TOP